当社の取り組み Recycle

自然を循環させる。

「循環型社会」「脱炭素社会」に貢献する

「循環型社会」「脱炭素社会」に貢献する

循環型社会とは、「廃棄物の発生抑止と循環利用により、資源の消費を抑え、環境負荷を低減させる社会」を指します。廃棄物のうち有用なものを循環資源として再生利用し、有限な天然資源の消費を抑制することで、環境への負荷を低減させる仕組みです。
当社は廃棄された木くず(自然木)を資源として再生し、サーマル(燃料)やマテリアル(原料)として提供することで、カーボンニュートラル(脱炭素社会)にも寄与しています。
“限りある資源を大切にする”という基本的な姿勢が、当社の事業の軸となっています。

森林資源

炭素循環(CO2)

利用

カーボンニュートラル燃料

火力発電所や製紙工場、
果樹園などで使用

自然を循環させる。

伐採

自然木

加工

木質チップに加工

サーマル(燃料)、
マテリアル(原料)として再生

SDGs達成に向けた取り組み

当社は持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています。
2015年に開催された国連サミットにおいて、2030年までに世界各国が対応すべき「持続可能な開発目標(SDGs)」が採択されました。当社の行っている木くず(自然木)のリサイクル事業は、主に以下のSDGsに関連しています。

SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS
エネルギーをみんなにそしてクリーンに

エネルギーをみんなにそしてクリーンに

すべての人々の、安価かつ信頼できる持続可能な近代エネルギーへのアクセスを確保する。

つくる責任 つかう責任

つくる責任 つかう責任

持続可能な生産消費形態を確保する。

気候変動に具体的な対策を

気候変動に具体的な対策を

気候変動およびその影響を軽減するための緊急対策を講じる。

陸の豊かさも守ろう

陸の豊かさも守ろう

陸域生態系の保護、回復、持続可能な利用の推進、持続可能な森林の経営、砂漠化への対処、ならびに土地の劣化の阻止・回復および生物多様性の損失を阻止する。